どうも、秀四郎です。
さて、本日は転職活動について書いていこうと思います。
同時に自分の考えを整理する場にもします。

不躾ですが秀四郎は何かやりたい事が明確にありません。
強いて言えば教育には興味があります。
ただ、それもなんだか今までのキャリアを捨てて?やりたいかと考えると迷ってしまいます。

そんなこんなで既に 3 ヵ月程度が経っています。
そろそろ財布のお金が無くなりそうで、貯金に手を出す状況になってきているので、今までよりは真剣に今後の身の振り方について考えるようになりました。

さて、そこで今困っているのは就職活動でよくあるアレです。
自己 PR !!志望動機!!
曲者ですねw
これが無いのでなんだか及び腰になっています。
それに自分をアピール出来るなら転職活動にはあまり困らないのでしょうね。
秀四郎はそれだけでなく上がり症なので面接も苦手です。
全く良い所が無いですw
・・・笑ってる場合ではないのですが。

ただ、いよいよ苦手といって避けている場合ではありません。
そもそも自分がどうなりたいか、どんな人生を送りたいかを改めて考えてみました。
そんなのもニートをしていたらすっかり忘れていましたが、ふと昔会社で知り合った先輩の言葉が脳裏を過りました。
何の話だったかは忘れたのですが、確かこんな内容です。
「結局の所俺らの出来る範囲の事って限られてて、やらなければならない事・やりたい事・出来る事、の 3 つバランスなんだよな」
この言葉を元に自分を見つめ直しました。

例えば秀四郎の場合は以下の通り。
やらなければならない事:生活費を稼ぐ、税金を納める
やりたい事:自分の知識を相手にに伝えて、相手が喜んだり成長したりする姿を見る事
出来る事: IT リテラシーには一日の長があると思う

これを考えの軸として考えると、出来ない事をやった方が良い。
出来る事の観点から見れば、出来ない事にチャレンジするのも大切だけど、後何十年と働くんだし続けれる仕事が妥当だ。
また、秀四郎は過度のストレス耐性は無いというのは分かってる。
だから IT スキルを使って何かをする方が良いという結論に至った。
やりたい事の観点から見れば、ヘルプデスク系の仕事で誰かを支えたり、教えたりする事ががやりたい事に合致しそうだ。
最後にやらなければならない事の観点では、結局お金があれば解決出来る内容が殆ど。
欲を言えばお給料が多い方が良いって所ですね苦笑

さて、これでようやく自分の中での方向性が見つかった。
後はそれと合致するお勤め先を探すか―!

では、中々良くまとまった感じがある、そんな秀四郎の話でした。

スポンサーサイト
どうも、秀四郎です。
さて、本日は先日やったジョギングについて書いていきたいと思います。

はじめたきっかけはなんとなく友人と話していた時に体重の話になって、その友人は過去にジョギングをしていたとのことでやってみたらどうだと言われたからです。

秀四郎は普通体系ですが昔はスレンダーな体系だったので今の自分の自己評価はぽっちゃり系です。
またそんな自分はあまり理想の体型とは違います。
なので、先日試しにジョギングをしてみました。

ヒートテックとタオル、それとスポーティな服装に着替えいざ外出。
近所に河川敷があるのですが、少し遠いので近所の公園で軽く走ろうとおもったのですが、何とも幼稚園児たちと保母さん方が遊んでいたので断念し、潔く河川敷まで向かいました。

その日は天気も良くジョギング日和で汗だくになるまで走ろうと気持ちを入れていました。
いざ走り出すと結構きつい。。。
日頃の運動不足と喫煙生活のせいで肺がかなり衰えているのに気づきました。
500m も満足に走れませんでしたw
しかもなにやら正月に左足首を捻挫していたのが完治していないのか、左足が痛くなってきました。
更に悪い事に何やら足首だけでなく膝から下が全体的に痛い感じ。。。

何かで「コンクリートの上を走るのはあまり良くない」という事を聞いたので舗装されている道ではゆっくり走るようにしました。
でもなんだか痛い。。。
しかも昔ほど汗をかかない。
私は比較的汗っかきなので、少しでも息が上がればあっという間に汗だくになったのですが、少ししか汗をかきません。。。
歳なんですかね?^^;

最終的にこれを書いている時点で二日目で、ひとっ走りしたのですが左足に嫌な痛みが走っていますw
うーん。困ったもんです。
明日も走りたいと考えているのですが、程々にしてあまりにも痛むようだったらウォーキングに切り替えていきたいと思います。
目指せスリムボディーです!!

では、そんな秀四郎の話でした。

LALALAND 映画    04.25.2017
どうも、秀四郎です。
さて、今日は最近流行りの映画 LALALAND について話していこうと思います。

今回は友人と観に行きました。
秀四郎はテレビを観ないのですが結構 CM が流れていて評価も中々良いという前評判を聞いていました。

内容について感想をいつもの通り話していこうと思います。
(ネタバレあるかもです、すみません。。。)
最初に結論から言うと、これぞ映画!!という評価です。88点!!
少し調べると以前評判になったセッションという映画と同じ監督さんがやられているそうです。
まぁセッションについては後日また書いていこうかなーと思います。

さて、この本作ですが舞台はアメリカの高速道路から始まります。
凄い渋滞しているのですが一人が歌い始めます。
そうすると渋滞をいいことに?みんな車から降りて歌って踊り始めます。
秀四郎は「あー、まさかミュージカル系?」なんて予感をしながら見ていました。
実際踊ったり歌ったりと、音楽と一緒にストーリーは進みます。

それと中々笑える部分があったみたいなのですが秀四郎は気づきませんでした。
友人は男の主人公がよくびっくりする演技をする所が面白いと言っていました。
私も後でネタバレページを観た所、アメリカ人あるあるが散りばめられているそうですw
登場人物はほとんど主人公の男と女の二人だけで話は進みます。
まぁ他にも出ては来るのですがあまり印象に残りません。
その影響もあるのか凄く主人公達に感情移入をさせられます。

作品としては主人公達がそれぞれの夢を叶える為に切磋琢磨し、恋愛をする様が描かれていきます。
展開はわりとよくある感じで進みます。
二人の苦労や頑張り、挫折だったり誤解だったりをしながら恋愛も頑張る。
本当の見どころはラストなのですが、作中の中盤にある相手を思っているからこその判断とか行動や決断が個人的には好きです。
また、そういった事を知っているからラストの感動も一塩といった具合に仕上がっています。

十分に人に勧められる映画です。
まさに人生だなー、でもそれもまた素敵だな!!なんて若輩者が言うのもおかしなはなしですがw
また、他の人も言ってるかもしれませんが、割と大人向けの映画と感じています。
渋いです。

では、また観に行きたいな~なんて久しぶりに感じられた秀四郎の話でした。


フィンペシア1箱(100粒)付★6本・ダディーズシークレットロゲイン15%AZE配合(男性用)【ダイエットクリニック】


どうも、秀四郎です。
さて、以前抜け毛の話をしましたのでその続きの話をしたいと思います。

実はこれを書いている前月に友人と会いまして、その時に不意にその方から
「なんかすごく禿げてないですか?」
と言われてしまいました。
実はなんだかその頃から随分と抜け毛が多いと感じてはいたのですが、あまり気にしないようにしていた所でした。
なので、それなりにショックでしたがある意味で良いきっかけだったとも思います。

早速その人に写真を撮ってもらい私も確認したのですが、本気でやばいくらい禿げていました。。。
それなりに薬を飲んでいたつもりだったのですが、やはり歳にはかてないのでしょうか。確かに髪ににコシが無くなって、手櫛が軽いのは気になっていたので。

因みに秀四郎のハゲは頭頂部のハゲです。
河童、アルシンド(古いw)のタイプです。
普通に立っていれば気付かれないのですが、まぁ日常生活で頭頂部が全く見せずに過ごすのは少し難しいですね。
やっぱり確実に周りからはそう思われているでしょう。

その友人にハゲてると言われてから約3週間、少し髪にコシが戻って来たなーと一人感じていました。
そんな中、先日また別の友人のライブがあったので行ってきました。
そのグループの中では本当のハゲの人もいるのですが、その友人と帰り道が同じになり、階段を下りているとその友人から、
「秀四郎マジで禿げたね、、、。前が 100 だったら今は 60 位になってるよ」
ショックでした。

日常生活や食生活に薬やらしっかりしてきた約 3 週間だったので、、、。
これにめげずにハゲ改善運動を一人で勤しんでいきます。

では、そんな秀四郎の話でした。

ネガティブな日記    04.18.2017
どうも、秀四郎です。
今回は少し暗い気分になってしまったのでその考えている内容を書きます。
思うままをそのままにして書いていきますので少し気持ち悪い感じになると思います。

何も感じずに生きていけるだろうか?
何も考えずに生きていけるだろうか?

おそらくそれは可能だ。
でも、それは生きながら死んでいるのと同じだ。

私は一体どちらなのだろう?
今の悩みはお金が無い事だ。
十分なお金があれば今の悩みは無くなる。

お金があれば生きていくことに対する不安の一部が取り除かれると思う。
生きていくためには毎日食事が必要だし、寝る場所が必要で、それを用意出来るものはお金になるからだ。

だから十分なお金があれば良い。
お金を稼ぐためにはどうすれば良いか?
方法はたくさんあると思う。
世の中には無数の仕事があるからだ。
ただ、どれも誰かに雇われて働く、社会の一部になって働くことになる。

私にはそれが苦痛だ。
・・・お金が無い、、、訳では無いけど面接を考えると胃が痛くなる。
それでも背に腹は変えられない。
そろそろ働いて当面の不安から解放される必要がある。
時間と自分を犠牲にする必要があるのがとても嫌だが。

結局何が言いたいか分からなくなってしまった秀四郎でした。